お知らせ
Category

5/13 浜松西見寺、座禅、写経、お香作り!!

CATEGORY: お知らせPOST DATE: 2017.05.15

image

5/13のご報告です。

参加者32名様。仙台、長野、東京など様々なところからお集まりいただきました。

TOKURA受付15名様。生徒さんの他にご主人や彼、生徒さんの会社の社長さまなどTOKURA御一行様も熱海、函南、小山町、御殿場、三島、沼津、富士、富士宮などから浜松まで本当にありがとうございました。

浜松駅から、初顔合わせでの7名様がタクシーに相乗りくださり、さすがTOKURAのチームワーク!

皆様楽しみにいていたお寺。見事でしたね。雨もまたよし✨

しっとりと落ち着いて

本堂での開講式を済ませ、座禅堂へ

私も初めての座禅でドキドキでしたが、雨の音を聞きながら、心が洗われた気がしました。

残念ながら、その次の写経も画像はありませんが

皆様真剣に筆を持って、これもまたいい時間でしたね。

午前中は、私語を慎み、自分と向き合う時間でした。

image

お昼は、お寺のお庭の採れたて新芽のてんぷらなど、白きくらげのデザートなどなど、目も舌も身体全てが喜ぶ献立で、新茶の烏龍茶もすっきり爽やかでした。

 

そして、午後は林真一郎先生の講演。

「伝統宗教と香り」

TOKURAの生徒さんの待ちに待った、あの、青い本の!林先生

本当に近いところに。

image

 

 

TOKURAの生徒さんたちはほとんどこの本を持っていますので、皆さん持参。そして念願のサインをいただきました。

image

 

そして私が担当の、「お香作り」

実は、昼食の時間がおしたため、午後の林先生と、私の講座はちょっと詰め詰めになり、当初の休憩時間が無くなり、急いで講座の準備。机も皆様に手伝っていただきバタバタと始まりました。いろいろと香りをご用意していたので、数を減らすか、急いで嗅ぐかの選択に迫られ、急いで嗅ぐ方を選んでしまったことに、ちょっと反省しております。

フランキンセンス、ミルラ、サンダルウッド、ユーカリ葉、ユーカリ枝、ユーカリ樹皮、ローズマリー葉、ローズマリー枝、柚子の皮、などなど一度にお渡ししてしまったので、混乱を招いてしまいました^^;

ですが、それぞれのグループにTOKURAの生徒さんや、アロマテラピーの知識がある方がいらっしゃったので助かりました。

植物利用の楽しさをお伝えしたい!!その気持ちが先行してしまい、忙しい講座になっていましましたが、それでも一つのお香が出来上がり、もう一つはブレンドお香の材料をお持ち帰りで、楽しい嬉しい笑顔をあちこちで発見できました。

TOKURAのシンボルツリー(ユーカリ・ビミナリス)の効能だけはしっかり伝わったような気がしますし、香りを嗅ぐ時の、特に男性の方の癒されらお顔が印象的でした。

image

 

そして、最後は、法話。

ありがたいお話で締めくくり。

最後はまた、落ち着いた気持ちになっていまいした。

本殿での閉校式を済ませ帰途へ。

 

皆様をお送りした後、本殿での記念撮影

NPO法人、禅と園芸セラピーの井上真以子さん(一番右)

image

2月にはTOKURAのユーカリの原木を見にきてくれました

image

 

そして3月には西見寺さんに下見に行かせていただきました。

今回は雨で、お寺の裏手にある、ハーブガーデンは見れませんでしたが、ほんとに敷地広く、お天気が良ければ散策したかったですね。

image

 

3/31には、一緒に岩手県一ノ関まで、宍戸先生のお手伝いに2人で行ってきました。

宍戸先生は、秋の一泊での西見寺ツアーに講師でいらっしゃいます。私の高校の先輩でもある仙台の園芸療法の大先生ですので、秋のツアーオススメです(^O^)/

image

 

 

こちらの特別写真は、恐れ多くも今回は、ハーブサミットでお忙しい宍戸先生のピンチヒッターを「TOKURAさんにお願いしたら」と主催者である真以子さんにご推薦くださった林真一郎先生。ハーブ業界の大先生であります。TOKURAでは、ハーバルケアサポートについて御指南頂いております。

その林先生と真以子さんのお父様、光典ご住職様と、3人で昼食を頂いた時の、林先生^ ^

image

 

井上ご住職、真以子さん、林先生、ご一緒させていただき本当にありがとうございました。

TOKURA共催という、皆々様方とのご縁に感謝でいっぱいです。

 

まとめの言葉

image

神社仏閣で雨に迎えられ、晴れで帰されることは 神仏から歓迎されてることであり、ありがたいことだということです。

境内の塵や埃が洗い流され、雨によるある意味天然の禊をした上で殿中に上がり、帰りは 洗い流された道を初めて歩いて帰れるわけですから。

TOKURA  鈴木淑子